2014年07月11日

抗ヒスタミン薬とは?(2)

●その他のヒスタミン受容体

ヒスタミン受容体にはH2受容体もあり、これは胃の壁細胞に作用して、cAMPを増加させ、プロトンポンプから得られた水素イオンを塩酸の形で胃腔内に放出させる。

そのためH2作用を阻害すれば胃酸の分泌を抑えることができる。

H2受容体拮抗剤(H2-blocker、H2ブロッカーと医療現場では呼ばれることが多い)は主に胃に存在するH2受容体に働き、強力に胃酸分泌を阻害するので胃潰瘍、胃炎の治療薬として使用されている。

H2受容体拮抗剤が臨床で使用されてから、胃潰瘍の外科手術は激減した。

シメチジン、ラニチジン、ファモチジンなどが代表的。

H3受容体拮抗薬は肥満と注意欠損障害に適応がある可能性が指摘されている。

ただし、これらは通常「抗ヒスタミン薬」とは呼ばない。



●抗ヒスタミン薬の中枢作用

古いタイプの抗ヒスタミン薬(第一世代抗ヒスタミン薬)には強い眠気を誘うという副作用を持っている。

この副作用を利用して睡眠薬や乗り物酔いの薬として利用するケースもある。

ヒドロキシジン(商品名アタラックスP、アタP)が古くからこの目的で使用されてきたほか、ジフェンヒドラミン(商品名ドリエル)は2003年に睡眠改善薬として初めて市販が認可された。

子供の風邪などでも、ちょっと鎮静のかかった感じにして、ぐっすり寝て改善してもらう、といった色合いもあって、あえて古い世代の抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を用いることがある。

また、メジャートランキライザー等向精神薬の副作用を軽減する目的で使われる場合がある。

これは、ある種の抗ヒスタミン薬にある抗パーキンソン作用を利用するものである。

強力な睡眠薬の一つであるベゲタミンの中には抗ヒスタミン作用を持つ物質(塩酸プロメタジン)が混合されている。

これは、主成分である塩酸クロルプロマジンの副作用を軽減する目的で添加されている。

また、ピレチア(ヒベルナ)などを副作用を軽減する目的で出す場合もある。


以上


【関連する記事】
posted by ホーライ at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗ヒスタミン薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。